« 第3回ICHIRIKI CAP確定記事 | トップページ | ver.2ラスト旅芸人記事 2 »

2015年4月10日 (金)

ver.2ラストの旅記事1





どうも俺です。


ICHIRIKI CAPの記事コメントにですね。


大会とは関係がないのですが……。。



いちりきさんの旅芸人記事を今こそ読みたいのでよろしくお願いします!!


と言う要望をいただきました。



こんな一ヶ月に一回書くか書かないか、でもってランキングにも載ってないブログを読んで頂けていて僕は幸せです(>_<)


しかも旅芸人の記事がいいとおっしゃってくれています!!


なので書きます。

本気で書きます。

ver.2最後の旅芸人記事です。


多分一回では書き終えられないくらいに長くなりそうなので何回かに分けて書こうと思います。


多分写真はほぼありません!!


全てを通しての内容ですが


〜旅芸人を構成に入れよう〜


をテーマにします。


どのような時に旅芸人を構成の候補に入れるのか。

場面場面でどんな風に動けるのか。

この辺をいちりきの主観で語ります!



初回のこの記事では

150スキルと旅芸人


という内容にします。



長い間旅芸人を愛用している方はもちろん、そうでない方からもよく聞いていた意見として


旅はそろそろバイキくらい出来てもいいやん!


もう2.1くらいから言われてた事がここに来てついに実装されましたね!




きょくげいスキル150のたたかいのビートです!

しかも範囲バイキルトと言う壊れ技。

さらに開幕即チャージ!

短所と言えばCTが130と長めな事くらい







モーションもイイ感じですよねw

コレいちりきめっちゃ似合おうてるwwww






仮に前衛物理構成で戦士、武闘家などで組む場合。

今までならバイシを自分無しでもまくのに4ターンかかる(自分入れたら6ターン)


ですがビートを使えば自分も入れて1ターンですね。


圧倒的です。

ゆえに完全物理構成の場合は最大火力に最速でもっていくなら旅抜きは考えられません。


んなもんわかってるって思うかもしれません。

それでも詳しく書きます。思ってる以上にすごいからです。



仮に上の旅入り構成マセン入り構成での戦闘開始から数ターンの前衛の行動を比較して書き出しましょう。



1ターン目(マセン入り)

戦士ー蒼天

武闘家ータイガー

マセンー早読み

1ターン目(旅入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ーバイキタイガー

旅ーたたかいのビート


当然の事ながらバイキルト分の差が露骨に出てます。




2ターン目(マセン入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ータイガー

マセンー戦士へバイキ

2ターン目(旅入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ーバイキタイガー

旅ー何でも出来てフリーだけどとりあえず氷結しとこ☆(チャンチャンチャキンッ)



ここでもバイキルトの有無でのタイガー分が差で出ます。

でもそこだけでなく旅の一回の行動分得ですね!



3ターン目(マセン入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ーバイキタイガー

マセンー武闘家へバイキ

3ターン目(旅入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ーバイキタイガー

旅ー氷結だなウンウン(チャンチャンチャキンッ)


戦士と武闘家の火力はここで並びました。

ですが例にあげてる戦い方だと旅はここまでバイキ入り氷結を2回分ダメージを与えていますね。


4ターン目(マセン入り)

戦士ーバイキフォース蒼天

武闘家ーバイキフォースタイガー
(多分フォース間に合ってないけど入っていると仮定)

マセンーフォース範囲

4ターン目(旅入り)

戦士ーバイキ蒼天

武闘家ーバイキタイガー

旅ー水流溜まるけど氷結だな!


ここでフォース分マセン入り構成の火力が上がりました!

旅入りバイキ氷結は3回目。


ここで4ターン目までのダメージ合計を簡単に計算しましょう!
守備などを無視して頭で考えた簡単な数字ですので悪しからずm(__)m


蒼天のダメージが500〜だとしてバイキ入りだと900〜

タイガーのダメージが350だとしてバイキルト入りだと550〜

旅の氷結のダメージがバイキルト入りで450〜


マセン入りの合計ダメージ

〜戦士の蒼天〜

バイキルト無し1回500ダメ
バイキルト有り2回1800ダメ
バイキルト有りフォース1回1100ダメ

合計3400ダメ

〜武闘家のタイガー〜

バイキルト無し2回700
バイキルト有り1回550
バイキルト有りフォース1回650

合計1900ダメ


マセンによるダメージは無しなので

マセン入り4ターン目まで
合計ダメージは5300ダメ





旅入りの合計ダメージ

〜戦士の蒼天〜

バイキルト入り4回3600ダメ


〜武闘家のタイガー〜

バイキルト入り4回2200ダメ


〜旅の氷結〜

バイキルト入り3回1350ダメ



旅入り4ターン目まで
合計7150ダメ



1850ダメージという露骨な差が出ましたね!




ですが、ここから先はマセンはフォースブレイクなどがあり差がないどころか逆転してしまうでしょう。


さらに戦士か武闘家のどちらでも途中で死んでしまった場合。

バイキルトですぐに火力を戻す事が出来るマセンと違い、旅ではバイシオンなのでそこでターンを多く使う事になります。


以上の事を踏まえると

旅の火力補助が活きるのは、すぐに火力を出して終わらせる事や早めに安定させるのが求められている戦闘


試練の門、ピラ1〜7くらいまで、コインボスの弱目なボスくらいかなぁ〜っと言うのが現状ですかね。。





さて、ですがここまではあくまで単純な火力だけを考えた話。


仲間メンバーの火力だけが戦闘を有利にするだけの条件ではないですね。


敵を妨害する事により安定させる事


短剣の150スキルをとった短剣芸人の話をします。


この短剣150スキルの内容が状態異常率アップの効果です。

自分が調べた訳ではないですが約1.5倍くらいの効果アップです!

そしてなんとこの状態異常率アップの効果はすべての状態異常がつく行動に依存します


短剣を装備した状態なら

スリープダガーやナイトメアファングはもちろん、魔法使いのヘナトスだろうが盗賊のボミエだろうが入りやすくなるのですね(´Д` )


ですが状態異常がつく行動の多さと技自体の性能は短剣持ちの中では旅が一番優れています。



ゴッドジャグリングのヘナトスの入りやすさは短剣持ち旅では異常なほど入ります。

しかもゴッドジャグリングは単体ではなく範囲内ランダム技なので複数にヘナトスが入る事が多いです。

ヘナトスが入りやすいという事は火力が死ににくくなり火力が落ちないという事です。


ボケで敵が面白いほど敵がゲラゲラ笑います。

悪霊戦に短剣で乗り込んだ時にボケを使ったところ3匹とも笑い転げる事が数回ありました(^ ^)


コレも妨害効果があるので安全性が増します。

安全になりきった所からルカナンが面白いように入り、討伐速度が上がります。

終いには雄叫びすら入りやすいです。



〜まとめ〜



戦闘を勝つ事に関して一番重要事が安定させる事だと思います。


火力面安定ではビートで高火力を早くまける

回復面ではザオラルが出来てハッスルダンスを踊れる

魅了や混乱などの状態異常は遠くからタライで治せる

僧侶にバフしてもらう時間をあげたい時などに様々な妨害行動がとれる






旅芸人の半分は優しさで出来てます!!



旅芸人で150スキルを駆使して戦闘に安定をもたらしてみましょう!



って事でver.2旅芸人記事1回目はここで終わります
m(__)m



次の記事はそんな優しさで半分出来てる旅の敵ごとに対する立ち回り(優しさ)ついてです!



でわでわ



END







« 第3回ICHIRIKI CAP確定記事 | トップページ | ver.2ラスト旅芸人記事 2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

旅はバッファリンかw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1972526/59593492

この記事へのトラックバック一覧です: ver.2ラストの旅記事1:

« 第3回ICHIRIKI CAP確定記事 | トップページ | ver.2ラスト旅芸人記事 2 »