« 第2回 ICHIRILI CAP 詳細 | トップページ | 第3回ICHIRIKI CAP »

2015年3月 5日 (木)

『棍』



どうも俺です。


バージョンアップしましたね!


魅力的なコンテンツが増えて来ました!



その中でもピラミッド9層。


これが俺の中では熱いです!


ブローチ確率が上がった今回のバージョンアップ。


できるだけ1〜9まで攻略したいプレイヤーが増えているのではないでしょうか?


そんな方にオススメの武器があります。




これ一つあれば慣れればピラミッド1〜9どこへでも行ける!!




それは今回のバージョンアップでまたもや強化された武器である





棍です!!





幾度となく僕は棍がすごいよ!


最強武器だよ!?




って言ってはいますが未だに


棍はちょっと…。


っていうフレが多いのが現実。



なので今回は本格的に棍の実用性を語ります。


武闘家のメインウェポンとしても、旅が使っても強いと言うことも、僧侶の攻撃分野にしても棍は優秀ですからね!?



今回は画像などはない文章だけの記事。



読みにくいかと思いますが説明します。




興味のある方は続きをどうぞ。。



















棍という武器の特徴



攻撃力は両手武器の中では弱い部類


技が早く出る


両手武器の中で一番のガード性能


MP消費量が少なめ




こんな所でしょうかね。



攻撃面において、棍は両手武器の中では弱い部類に入ります。

ですがそれは技一回に対してのダメージのデカさの話であって


一回の戦闘時間をトータルに見ると変わってきます


一撃で倒す事が出来る敵ならどんな武器でも苦労はしません。


ですがピラミッドのように一回の戦闘時間が長くなる戦闘では


発動時間の短い技を速く多く積み重ねる事により威力を出すのです。


とかなんとか言ってますが、爪だったりバトマスの天下無双ならそれ以上の威力でますからね。


それは仕方のない事です


そこで頭に入れて欲しい事が棍のガード性能です



棍のガード性能は圧倒的です。

水流のかまえさえ使ってしまえば通常攻撃は半分以上ガードかカウンターをします


特技でもガード出来る技なら20%以上でガードしてくれます




もしオノ持ち戦士だとすれば圧倒的な攻撃力ですが逃げそびれて死んでしまう事があるでしょう


その点棍持ちの武闘家や旅ならまず逃げやすく、そして攻撃が来てもガードする確率が高いです


戦士で死んでしまった場合

もとの状態に戻すにはバイシやスクルトのかけなおしと僧侶の蘇生と回復をもらうターン分がかかる


棍持ちなら、一回の攻撃が弱くてもずっと攻撃出来るし、僧侶や道具使いは他の行動を出来るので全体的に余裕ができます


また、バイシの更新は棍閃殺で自分で出来るのでバイシ職の負担が減ります。


水流のかまえは今回のVUからピオラ2段階上がるが追加されてさらに手数が増しますので長い戦闘での火力アップですね







実用編



具体的な戦い方を書きましょう。



ピラミッド9層での武闘家入りでの立ち回り方です。



僕の推薦する構成は完全物理構成




前衛

バトマス、武闘家


後衛

道具使い、僧侶


バトマスを入れた理由は両手剣とすてみで無双するのは準備が楽で最強の火力職なことと両手剣の武器ガードがあること。

ハンマーもあると便利ですがなくても大丈夫です。

道具使いはハンマーがベストですがなくてもいけるとは思います。



装備は麻痺と眠りの耐性があればベストですがなくても良いでしょう。

HPの方が重要なので頭はHP錬金で耐性は体下だけが推薦です。




開幕〜ナジャまで


爪ですね!

使い魔にタイガーをぶっぱなしです。

バトマスにはブレードガードとすてみを使ってもらい一回目の天下無双をする頃には使い魔は倒せるでしょう。


デスはマホカンタを使いますが関係無いですね。

バトマスとボコボコにしましょう!


デスがへなる前にガルゴルがきます。

赤い方の守備低めな方はためなしライガー一発くらいで一撃です!使いましょう!


ゴーレム、ナジャとすぐ出てきます。


ゴーレムのSHTとナジャのバイキルトはGFで消しましょう。

後はバトマスとひたすらゴリ押しで2匹とも倒しましょう。


調子が良ければナジャにライガーの2発目を使ってるくらいでラーが出てきます。


道具使いがスタンをラーに入れられれば仲間を呼ばせないことが出来ますが呼ばれてしまっても大丈夫です。


ラー〜夫婦まで


武闘家はここからはずっと棍です。

ナジャをある程度まで行ったら持ち替えをして棍にして水流を使い、ためる弐でSHTにしときます。

ラーにぶち込みます。

打撃完全Gが発動しない限りはラーから倒します。

ルドラより柔らかいので早く落とせるからです。


いっぺんにダメージを与えようとしないで確実に敵を一匹づつ落とすのが良いです。


攻撃してくる敵を減らせば死ににくくなって火力が落ちないと言うのを頭に入れておきましょう


水流のかまえはチャージされたら即使います。

同様にバトマスも暇が出来ればブレードガードを更新します。


棍閃殺はもうちょっとでCTがたまりそうだと思ったらためる弐を使いSHTで打ちましょう。

棍閃殺が使えるようになってからためる弐を使い出すとためる弐の時間分チャージタイムが無駄になります。

長い時間で見たときの棍閃殺打てる回数が全然違ってきます。

これによりしない限りバイキルトが切れる事はないです。


道具使いにはバイシの代わりにスクルトとかMP回復につとめてもらいましょう。



ルドラの攻撃は怖いものがありません。

ミサイルに至っては必殺チャージのチャンスです。

チャージした場合はとっておきましょう。


順調にルドラを倒すとヘッドが一匹で出てきます。


仲間を呼ぶ可能性があるヘッドにはまずハンマーでスタンを入れる〜道具使いはそのままおたけび。

後はごりおしすると仲間(両手)を呼ばれる前に倒し切れる事があります。

武闘家の必殺があれば使うのはここですかね。


両手が出てきた場合にも落ち着いて一匹づつは変わりません。

ヘッドを倒し2人で同じ方の手を氷結と無双です。



この辺から水流のすごさが出てきます。

手の攻撃で痛いのは通常とたたきつぶすですが両方ともG出来る行動です。

2回攻撃されると死んでしまうことがありますが棍持ちではまずそうはならないです。

棍で怒りをもらった場合は思い切って正面からタイマンを仕掛けてもいいくらいです。



無事にヘッドたちを倒せた所で夫婦です。


道具と僧侶がいるのでスクルトはかけやすく夫婦は普段よりHPが低いので旦那からごりおしです。


GSとおたけび注意は変わらず。


棍閃殺を交えながらどんどん行きましょう。


嫁もどんどん行きましょう!




カーメン戦


カーメンに対しての壁は作らず、出来るだけ範囲攻撃を複数であたらないようにしながらごりおしです。

道具使いはスタンとキャンショ待機しながら道具をまきます。

倍加だけでも切らさないようにすればはっぱで満タン回復が出来るので僧侶は頭に入れておくと良いでしょう。


怒りだとワンパンあるので前衛はロスト優先で後はごりおし。

ジゴスパークとチュドーン!を抜かした攻撃はG出来ます。

死ににくいのでゴリ押しです。


ファラオ召喚にキャンショが決まりにくいため復活されてしまっても仕方がないですがその後の対処が問題。


必殺がたまっていたらラーなどが出る可能性があるのでギリギリまでとっておきましょう。


復活してももともとのHPが低いうえに半分です。

一番高い嫁で5000くらいですので出てきたら焦らず水流とブレードガードを更新して前衛2人で仕留めに行きましょう。

これの繰り返しです。


カーメンの表示が赤くなってもうちょっとって思ったらこっからは呼ばれようがゴリ押しです!

カーメンさえ倒せれば後はほぼHP5000以下の敵だけです。

頑張りましょう!!気合です!!!






まとめ


とにかく死ににくい事が火力につながるので水流優先


無駄にためて攻撃の手数を減らさない

SHTまでためてる間に4回は氷結打てます


棍閃殺は即打ちが理想!

もうちょっとでCT技が使える様になるときには白い技の丸いマークの白いサークルが目立つのでそれを目印にためるといい感じです。


バフは自分で更新し、水流のかまえで自分も守る。

僧侶とどうぐに余裕を持たせる。




この構成でピラミッド1〜9全部行けます!










って事で棍の記事でした〜m(__)m



END





« 第2回 ICHIRILI CAP 詳細 | トップページ | 第3回ICHIRIKI CAP »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1972526/59157383

この記事へのトラックバック一覧です: 『棍』:

« 第2回 ICHIRILI CAP 詳細 | トップページ | 第3回ICHIRIKI CAP »